当店は地酒・本格焼酎・ワイン・梅酒等と伝統食品の店です
お電話でのご注文 水曜定休
受付時間 10:00〜18:00
FAX でのご注文はこちら
24時間受付中
 

  Concept Workers Selection
 コンセプト・ワーカーズ・セレクション

我々はいつから、お酒を「頭で飲む」ようになってしまったのでしょう。「このお酒はこの酵母を使っているから」「酒度・酸度がこの数値だから」など。。。

しかし、本来のお酒の楽しみ方は、その土地の風土や造り手の哲学が1本のボトルに表現されたお酒を、それぞれの飲み手が自らの「感性」でもって楽しむことが一番だと考えます。

コンセプト・ワーカーズ・セレクションは、このような「感性に訴えるモノづくり」を一番に開発された商品たちです。



商品の紹介

大倉 「源流」 水もと仕込み 純米生原酒  29BY
・・・ 奈良県 大倉本家 ・・・

水もと仕込みとは、約600年前、奈良市郊外にある菩提山正暦寺において創製された酒母のことで、現在普及している速醸もとや生もと系酒母の原型であると考えられている製法です。

その製法で現在、大倉本家では「濁酒」というどぶろくを造っていますが、濾した清酒は造ったことがないとのこと。このような経緯から水もと仕込みの純米生原酒が誕生しました。(もちろん現況の濁酒とは造りの設計が異なります)

試飲の際に、よく冷えた状態では、香りも味も開いていない感じがありました。すこし温度が上がってきますと、甘い香りが立ち始め、ビワや杏などの熟した香りがミックスされ、含むとトロピカルフルーツジュースのような味わいです。トロリと濃厚な口当たり、やや甘酸っぱさはありますが、生酒のフレッシュ感や酸のメリハリがあるために飲み飽きしません。しっとりと喉に滑り込んだ後、余韻に優しく心地良い甘さを残します。

ラベルデザインは、京都に事務所を構えるデザイナーの矢口氏。得意のグラフィックを用いながらも従来のお酒のラベルとは異なるアート要素を入れたもので、大きな大河も遡っていけば源流/小さな湧き水に辿り着くという発想のもと、湧き水をイメージしたラベルになっています。

これまでの大倉のイメージとは全く違いますね。でもカッコよくて素敵です!

原料米 ヒノヒカリ 精米歩合 70%
日本酒度 -4 酸度 3.6
アルコール度 17〜18度 酵母

720ml 1556円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



百十郎 キュベ・ジャポン 「萌黄・もえぎ」 純米吟醸 無濾過生原酒 29BY
・・・ 岐阜県各務原市 林本店 ・・・

林本店は、1920年創業。 現在 「榮一」 というブランドと、 2012年に現 5代目林里榮子氏が命名した「百十郎」が主力商品となっています。秋田にある鳥海山で有名な天寿酒造の元杜氏を勤めていた佐藤俊二氏を技術顧問に招き、設備を一新。東京農業大学醸造科卒、林社長自ら杜氏となって若い蔵人と一緒にお酒造りに励んでいます。

この「萌黄」は、地元JA産のハツシモを使用しています。食用米ですが、五百万石に比べ大粒で、搾ってすぐに味がパッと出やすいお米です。青リンゴのような香味と青草を思わす爽やかな酸味。ほどよく旨みは乗り、乳酸由来のまろやかさ、ミルキーさをミドルからアフターに感じます。直汲みですがガス感は強くありません。 マイルドでほど良いコクを持ち、スッとキレて行く、バランスが良く飲み飽きないタイプ。お酒だけでも食中酒としても楽しめます。

ラベルは名古屋に在住の和紙アート職人のおかちゑさんの作品。「貼り絵」 のようでそうでない、「切り絵」 ようでもそうでないというオリジナリ技法。蔵元から近いこともあり、実際に訪問して感じたものを作品にしてもらいました。ラベルに書いてあるキュベ ・ ジャポンのコメントはフランス語。内容は 『何かを始めるのに遅すぎるということはない』ということが書かれています。

原料米 ハツシモ 精米歩合 60%
日本酒度 +1.7 酸度 1.8
アルコール度 15度 酵母 岐阜G酵母

720ml 1555円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



亀齢(きれい) Check 「白」 純米 無濾過原酒 火入  29BY
・・・ 広島県東広島市 亀齢酒造(株) ・・・

香川県の地酒「悦凱陣・よろこびがいじん」は熱烈なファンが多い事でも知られている地酒なのですが、その「悦凱陣」で杜氏を務めた西垣信道さん。そしてその息子の西垣昌弘さんは 21歳のとき蔵人として酒づくりをはじめ、24歳で父親が杜氏を務める香川の丸尾本店(悦凱陣)へ入蔵。父から酒づくりの精神と技術を授かり、二人三脚で酒づくりに取り組んできました。

平成10年10月、縁あって西垣親子は広島にある亀齢酒造(きれいしゅぞう)の酒づくりを任されます。酒づくりの姿勢は昌弘さんに受け継がれ3年後に信道杜氏が引退。 その後は昌弘さんが杜氏として酒造りに取り組んでいます。 普段は温厚な昌弘さんですが、酒造りに妥協はなし。その姿は鬼気迫るものがあります。

亀齢酒造でもっとも売れているお酒に「辛口純米八拾」というお酒があります。 仕込み量は、1トン仕込みでタンク30 本分。自家培養である、落ち着いた香りの「NK 酵母」と、透明感のある果実香を出す「3号酵母(自称で協会とは関係なし)」とのブレンドでつくられるのですが、そのタンクのうちの3号酵母の中で、西垣杜氏がモロミの段階でもっとも良いと感じたものを1本だけ 特別に詰めていただいた無濾過原酒が、今回の「亀齢チェック白」となります。

香りは和梨やパインのようなイメージですが、前回発売した生原酒のチェック銀よりか、香りは控えめで穏やかです。味の厚み、含みのパンチ力、飲みごたえ十分な辛口純米酒です。味付けの濃い料理との相性が良いと思います。さて、80%精米なのになぜ雑味やぬか臭さのようなものを感じないのか?それは、酒粕を見ればわかります。亀齢の酒粕は色んな蔵の酒粕の中でもダントツゆるゆるでやわらかい酒粕です(純米クラスの酒粕でも)。ゆっくりやわらかく搾った粕歩合の高い純米酒は、低精米をまったく感じさせない透明感を表現した素晴らしいお酒に仕上がっています。

いろんな方にこのお酒の良さを知ってもらいたい、たくさんあるお酒の中から一度は「チェック」してもらいたいとの思いが、ラベルに表現されています。またボトルの裏側をのぞき込みますと、お酒越しにスペック表記が見える仕様になっています。

原料米 中生新千本 精米歩合 80%
日本酒度 +5 酸度 1.6
アルコール度 17〜18度 酵母 自家培養酵母

720ml 1139円
数量
1800ml 2204円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



亀齢 Check 「紫」 特別純米 無濾過生原酒  29BY
・・・ 広島県東広島市市 亀齢酒造(株) ・・・

今回リリースされたチェック「紫」=千本錦の生酒となります、千本錦は、広島県が開発した「山田錦」と「中生新千本」の掛け合わせで、適度に硬さがあり、高精白に向いた吟醸系のお酒に適した酒米と言われています。すっきりとした味わいに仕上がる傾向があるので、-2℃の冷蔵庫で生のまま、ゆっくりと半年以上熟成させて、味がのった段階でのリリースとなります。

基本、亀齢の蔵付き酵母の特徴である梨やリンゴのような香りがありますが、プンプンと香る感じではなく、お酒に香りが溶け込んでいる、馴染んでいるイメージがあります。口当たりはまろやかで、起伏のある味わいではありませんが、ほどよいふくよかな旨味が最後まで続き、 綺麗に引いていきます。酸で切ってゆくタイプで食中酒としても最適です。生ひねも無く現在とても良いコンディションです。 ぜひお試しください。

いろんな方にこのお酒の良さを知ってもらいたい、たくさんあるお酒の中から一度は「チェック」してもらいたいとの思いが、ラベルに表現されています。またボトルの裏側をのぞき込みますと、お酒越しにスペック表記が見える仕様になっています。

原料米 千本錦 精米歩合 60%
日本酒度 +1 酸度 1.9
アルコール度 17〜18度 酵母 自家培養酵母

720ml 1556円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



山縣 Art Label 純米 無濾過生原酒 29BY
・・・ 山口県周南市 山縣本店 ・・・

今年はより生産者の顔が見えるお米をということで、蔵元である山縣本店より車で約30分程度走ったところの八代という地区にある「ファームつるの里」で育った山田錦を使用しています。

昨年とスペックは同じですが、今回の山田錦は一言でいうと女性っぽいやわらかなイメージ。9E酵母なので香りは程良く、りんご、洋梨、ライチ、 白ブドウのような香りに、含みのガス感がフレッシュ感を演出。苦渋は少ないために甘味は主張されますが、酸味とのバランスが良い上出来なお酒です。

ラベルデザインは、大阪芸術大学短期大学部の学生の作品です。毎年、授業の一環として「山縣」のラベルを学生たちにデザインしてもらい今年で3年目。テーマは「アート」。今年からヴィンテージを入れて、毎年ラベルのデザインが変わる楽しさをお酒と共に提供できたらと考えています。

原料米 山田錦 精米歩合 60%
日本酒度 +3 酸度 1.4
アルコール度 16.3度 酵母 9E酵母

720ml 1500円
数量
1800ml 2732円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



土佐しらぎく ナチュール 「地」 特別純米 火入れ 29BY
・・・ 高知県安芸郡 仙頭酒造 ・・・

土佐しらぎくのナチュールシリーズ。名前そのままに「ナチュール=自然」がテーマのお酒です。自然という大テーマをひとつのラベルに落とし込むのは大変なこと。デザイナーのオリシゲシュウジさんが行き着いた先は、究極の引き算。「あれ?これなら俺でも書けるんじゃないの?」と思ったあなた。実際にこれを商品としてリリースする勇気を買ってあげてください。

味わいは、メロンや青バナナのような穏やかかつ爽やかな香り、中味は非常にスマートで嫌味のない旨味。まさに土佐しらぎくらしい「やわらかくスッキリとした繊細な味わい」です。

原料米は、高知県で栽培されている飯米「アキツホ」。かつて主要産地は広島県でしたが、現在では高知県と奈良県が主要産地です。飯米としての利用は減りましたが、近年醸造用に向く品種であると評価され、使用する蔵元が増えています。土佐しらぎくナチュールは、高知県産のアキツホを使用しています。

ラベルは、広島県在住のデザイナー「オリシゲシュウジ」さん。ナチュールを意識したラベル。無駄を削ぎ落とした引き算のデザインでシンプル。この「地(ち)」は、大地、地平線、水平線、山の稜線を描写。大地の恵みのイメージした作品です。

原料米 あきつほ 精米歩合 60%
日本酒度 +3 酸度 1.8
アルコール度 15〜16度 酵母 非公開

720ml 1565円
数量
1800ml 3046円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



小左衛門 Dessin 純米大吟醸 根っこ 無濾過生原酒 29BY 
・・・ 岐阜県瑞浪市 中島醸造 ・・・

創業 1702 年の歴史ある蔵元。この地の庄屋をつとめていた中島小左衛門用心氏が酒造業を開始したのが始まり。もともとは「始禄」というブランドが中心でしたが、平成12年に純米・三年古酒を中心に計7種類の新ブランド「小左衛門」を立ち上げます。その後、平成14年に地元瑞浪にて酒米を育て収穫、現在では、単位農協との取引開始。農家の方々の顔が見えるお米の入手に尽力されています。

「根っこ」ニ造り目となります。昨年は契約栽培米の出羽燦々を使用しましたが、今年は中島醸造の地元瑞浪市の農業組合法人「日吉機械化営農組合」さんが作った「あさひの夢」を、50%まで磨いた純米大吟醸酒です。あさひの夢はもともと愛知県が開発したお米で、粘り気がそこまで強くなく、さっぱりとした味わいの食用米のため酒造りにも適しています。純米大吟醸のイメー ジどおり、白い花や蜜、洋梨のような華やかな香り。フレッシュな口当たりと高貴な香りが口いっぱいに広がる明るいイメージのお酒で、旨みもほどよく広がり、かつスッと消えていくバランスの良い仕上がりです。ぜひ冷やしてお楽しみください。

今回のラベルは、広島にある対馬デザイン事務所の対馬肇氏の作品。 飾らない素朴さを表現するために、また酒造りもすべては基本、下準備が重要ということを意図した 「Dessin デッサン」 仕上げにしました。 初めは鉛筆でデッサンしていましたが、途中コンピューターグラフィクで作った根っこといくつも組み合わせることで、米の根の力強さを表現しています。また、封緘の根っこは稲の結実時期に雷が多いことから、雷光が稲を実らせるという信仰から生まれた「稲妻」を表現しています。

原料米 あさひの夢 精米歩合 50%
日本酒度 +4 酸度 1.4
アルコール度 15.5度 酵母 1801

720ml 1555円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



小左衛門 Dessin 米の芯 純米吟醸 火入
・・・ 岐阜県瑞浪市 中島醸造 ・・・

この米の芯は、他のシリーズである「根っこ」「土」に比べ華やかさはないのですが、どこか「滋味」なイメージのポテンシャルを感じるお酒です。熟成させることにより、その噛みしめるような旨みをじわじわ出していきたい。ということで今年も10ヶ月以上の低温熟成後にリリー スとなりました。

冷やして飲みますと、さほど香りはありませんが、あえて表現すると熟したリンゴや梨系の香り。厚みのあるやわらかい旨みと起伏の少ない中味に適度な酸。 開栓後、空気にふれたほうが味わいが広がります。

今度は温めますと表情がかなり 変わります。お米を蒸したような香り、穀物香、やや熟成からくるナッツのような香りが出ています。 ぬる燗程度がアルコールの強さをあまり感じず、心地よい旨みと辛口のキレの良さを堪能できると思います。

ラベルは、広島にある対馬デザイン事務所の対馬肇氏の作品です。飾らない素朴さを表現するために、また酒造りもすべては 基本、下準備が重要ということを意図した 「Dessin デッサン」 仕上げにしました。まずは4種類の米粒を丁寧にデッサンしていきます。その4種類の米粒をデザインソフトで幾度にも重ね合わせ、日本の国旗を表現しました。よーく見ると、米粒ひとつひとつ に心白を見ることができ、マニア心をくすぐる手間の掛かった作品となりました。

原料米 ひだほまれ 精米歩合 57%
日本酒度 +5 酸度 1.6
アルコール度 16.5度 蔵内処理 瓶燗急冷

720ml 1555円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格です。




初めての方は、ぜひご覧下さい。ご注文の方法などです。 送料やお届けに関することです。 お支払いの方法についてです。
  ご注文の方法から、お届けまでを
   ご案内しています。
  送料や配達ご希望日の指定
   ギフト対応についてのご案内。
  各種お支払い方法についての
   ご案内をしています。
  お支払い規約   返品・交換について   プライバシー&個人情報について


トップページへ
大和の美酒へ 全国の美酒へ 焼酎リストへ