当店は地酒・本格焼酎・ワイン・梅酒等と伝統食品の店です
お電話でのご注文 水曜定休
受付時間 10:00〜18:00
FAX でのご注文はこちら
24時間受付中
 

商品の紹介

西條鶴 純米大吟醸 真骨頂 直汲み 無濾過生原酒 29BY
・・・ 広島県東広島市 ・・・

 創業明治37(1904)年。神戸の灘と京都の伏見と並び、「日本三大酒処」のひとつに数えられる東広島でも、西条酒蔵通りと呼ばれる多くの酒造が存在する中のひとつに西條鶴酒造はあります。最盛期は 3000 石以上の生産量を誇っていましたが、現在は700 石。ほぼ問屋流通だった商品ラインナップから、婿である伊野本真彦専務が7 年前より限定流通で 「無濾過シリーズ」を発売開始。その頃から少しずつ酒質を向上させ、近年では酒好きの間でも「最近の西條鶴は変わった」という高評価をいただくまでになりました。

今年で3造り目となります。西條鶴の特徴は、なんといってもその甘みと酸味のバランス。しかし昨年、「さすがに少し甘すぎるよね」というお声を何件か頂戴し、その対策をいろいろと考えた結果、思い切って原料米を変更。昨年まで使用していた中生新千本は、広島のいたるところで作られているため、農家さんの特定が困難でした。

そこで西條鶴さんが昔から使っている「農林22号」というお米に着目。 実際にJA三次にお伺いし、米作りの名人「日野」 さんが作る農林22号を今年は全量使用しました。原料米と造りを見直し、西條鶴らしい存在感のある味わい中にも、上品さや清涼感を感じれるよう意識して造られました。 梨や桃、リンゴ、西條鶴の特徴であるイチゴは健在。プラムのような爽やかな香りもします。飲み口は舌を刺激するガス感やほどよい苦味を舌先で感じ、中から後半にかけてトロリとした甘味、そして余韻はしっかりと長くリッチな味わいです。

全量300本の限定品。一升瓶のみです。720mlはございません。

原料米 農林22号 精米歩合 50%
日本酒度 -3 酸度 2.0
アルコール度 16度 酵母 もみじ酵母

1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



豊能梅 純米吟醸 G×A おりがらみ生原酒 28BY
・・・ 高知県香南市 高木酒造 ・・・

創業明治17年。高知市から東へ約20km、県のほぼ中央に位置する小さな町「赤岡町」に高木酒造はあります。代表的な銘柄は「豊能梅」と「土佐金蔵」。生産量300石のうち、その半分が地元消費となる正に地の酒。

現在、社長兼杜氏をつとめる五代目の高木直之氏は、蔵に戻る前にバイオテクノロジーの会社で微生物関係の仕事を10年勤めていました。その経験から、現在の豊能梅と土佐金蔵のラインナップは、 酵母と酒米の組合せで種類がいろいろと分けられています。その掛け合わせのうち、ひとつだけない組合せがあったのです。 それがこの商品である高知の酒米「吟の夢」と高知酵母では香りが控えめといわれるイソアミル系の「AC95」。「なんでこの組合せは無いのですか?」「いまあるラインナップのしがらみで無いのですが、実は昔から造ってみたいと思っていた組合せなんです」。という事で、新しくチャレンジがこのお酒です。

バナナやメロン、パッションフルーツのような香り、飲み口はずみずしく爽快な味わいです。 ガスは微量にありますが、 強くはありません。ジューシーな味わいが楽しめる逸品です。

[今年の吟の夢は収穫量が少なく貴重です。順調に発酵が進み、ややサク酸イソアミルが勝った状態で搾りました。 無濾過生酒に 加えるオリの量を微調整して、オリの滑らかさと、 ガス感、酒の上品さが出るように工夫しました。時間ととも、甘みとガス感が出てくると思います。 蔵元より]

原料米 吟の夢 精米歩合 60%
日本酒度 +2 酸度 1.6
アルコール度 16.3度 酵母 高知酵母AC95

720ml 1556円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



きらめき燦然 純米大吟醸 雄町50 はじめの第一歩 中汲み生原酒 29BY

岡山は倉敷市にある創業1878 年の老舗蔵。代表銘柄である「燦然(さんぜん)」は、数多い酒の中にあって、一段と輝く素晴らしい酒であるようにという思いから命名。現在年間生産600 石程度の小さな蔵元です。代表の菊池東(とう) 氏は、当時では珍しい岡山県第1号の今で言う「オーナー杜氏」であり、倉敷管弦楽器団の指揮者、倉敷音楽協会会長という地元では有名な音楽家。営業担当である専務の大輔さんは早稲田大学ロボット工学専攻の大手電機メーカーに勤めていた異色の経歴の持ち主。

さてお酒ですが、今年で3年目の商品となります。3年間の中で一番安定した良い仕上がりです。昨年は、広島吟醸酵母を使用しましたが、発酵が不安定だったため、今年は協会1801酵母に変更。新調したサーマルタンクで温度管理しながら、後半やや発酵が強いままにモロミを搾り、昨年よりも気持ちガス感が強くなっています。

ラ・フランスやパイナップル、パッションフルーツのようなフルーティーな香り。含みにシュワっとしたガス感じ、 その後とろりとした濃厚な旨みが表れます。余韻が長く、甘苦酸すべての主張が強いタイプです。 フルーティーなお酒や甘みの強いお酒が好きな方にオススメ。 純米大吟醸と価格に負けないゴージャスな味わいと言えます。よ〜く冷やしてお楽しみください。

原料米 雄町 精米歩合 50%
日本酒度 ±0 酸度 1.8
アルコール度 17.5度 酵母 1801号酵母

720ml 1750円
数量
1800ml 3500円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



天明 twins 「弟」 生モト80 生原酒  28BY
・・・ 福島県 曙酒造合資会社 ・・・

会津の小さな酒蔵で女性杜氏が醸しだす「天明」というブランドで、地酒業界に一躍名を馳せた蔵元「曙酒造」。現在は、4代目の蔵元である鈴木明美さんの息子・孝市さんが杜氏として酒造りを一任されており、彼の思い描く酒造りに向けてご両親がバックアップしているという、これからが楽しみな蔵元であります。

前回発売致しました「兄」と、原料・精米・麹・酵母などすべて一緒で、造りが速醸か生モトかの違いのみです。

いわゆる熟成香の強いクラシックな生モトとは異なりきれいな酒質です。あえて粕歩合を高め雑味を抑えてあり、その落ち着いた香味は、食中酒向きと言えます。 前回発売した速醸の「兄」との大きな違いは酸味。キリッとした酸が印象的です。冷やですっきりも良いですが、 ぬる燗〜上燗にすると、ほんのり乳酸系の香ばしい香りが 出てきてこれはこれで旨い酒へと変貌します。

原料米 雄町 精米歩合 80%
日本酒度 +2 酸度 2.1
アルコール度 15度 酵母 協会9号酵母

720ml 1556円
数量
1800ml 3037円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



恵那山(えなさん) 純米吟醸 ひだほまれ 無濾過生原酒 29BY
・・・ 岐阜県 はざま酒造 ・・・

 はざま酒造は、2016年1月から新体制でこの恵那山の発売をはじめました。当店の取り扱いは2017年の春からスタート。お陰様でご好評を頂いています。今回は予約分のみ瓶詰めされる「ひだほまれ純米吟醸 無濾過生原酒」のご紹介です。

フルーティで透明感のある香り、含むとしっとりきれいで上品な含み香が爽やかに広がる、香味のバランスも良く、レベルの高さを感じます。地元 岐阜県の酒米「ひだほまれ」を全量使用し、精米歩合は大吟醸表示も可能な50%。

喉ごしも極めてスムーズで後口にキュと引き締まったような酸味は、この米の特徴か、それも心地よい。昨年末に登場した山田錦のしぼりたて生原酒も好評頂きましたが、このひだほまれバージョンも秀作だと思います。ぜひお試し下さい。

◆蔵元より
 恵那山(えなさん)は長野県阿智村と岐阜県中津川市にまたがる、中央アルプスの最南端の標高2,191 mの山で、日本百名山及び新・花の百名山]に選定されています。その恵那山の伏流水を仕込み水に使うはざま酒造は、その清らかな水のごとく澄んだ酒を目指し、酒の名を「恵那山」としました。

原料米 ひだほまれ 精米歩合 50%
日本酒度 非公開 酸度 非公開
アルコール度 16度 酵母 AA41酵母

720ml 1500円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



山縣 Art Label 純米大吟醸 おりがらみ生原酒 番外酒 28BY
・・・ 山口県周南市 山縣本店 ・・・

山口県周南市にある1875年創業の蔵元 山縣本店(やまがたほんてん)、全盛期1万石以上造っていた生産量が現在では600石。現社長も蔵を辞めようか考えていたところ、娘さんが帰ってきて蔵を継ぐことになりました。

そして現杜氏である小笠原光宏さんが蔵人から杜氏となり娘さんと結婚。そこで社長もやる気を戻し、大型タンクを処分し、小仕込みタンクの導入や低温熟成用の大型冷蔵庫の購入など、蔵の設備を一新していきました。酒の味がガラリと良い方向に変わったといいます。

しかし、問題がひとつありました。今まで流通はすべて大手の問屋に任していたために、限定流通の方法がわからず、価格設定はめちゃくちゃ、アイテム別の生産本数もバラバラなど、とても限定流通できる内容ではありませんでした。そこで今回の「山縣」は、商品名・ロゴ・デザイン、流通まで既成品とはまったく異なる新ブランドとなります。

今回のお酒は、「遊びで少しおりがらみを採ろうと思います」。 小笠原杜氏から連絡が入りました。山縣本店が目指す酒のスタイルとして「熟成冷酒」という考え方があります。熟成したお酒を燗で楽しむスタイルは多いですが、ゆっくり低温で熟成させたお酒を冷酒で楽しむというスタイルはまだ多くはありません。

それであればリクスはあれど、おりがらみ生酒も熟成させてみよう。 そのようなコンセプトのとも -3℃の冷蔵庫で 10 ヶ月以上熟成させた純米大吟醸酒です。熟したリンゴを思わすほのかな果実香とオリからくるミルキーなやわらかい香り。 危惧していた硬・渋・苦・オリ・老ね等は全く感じません。 開栓直後は、微量のガス感と酸が特徴的ですが、時間が経つにつれて、ぽっちゃりとしたまろやかな旨み、つややかさを感じる色気のある女性的な味わいです。

新酒にはない、適熟したお酒の美味しさが見事に表現されています。とても旨いです。

原料米 山田錦 精米歩合 50%
日本酒度 +1 酸度 1.7
アルコール度 17度 酵母 山口 9H酵母

720ml 1825円
数量
1800ml 3500円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



亀齢(きれい) Check 「銀」 純米 無濾過生原酒  28BY
・・・ 広島県東広島市 亀齢酒造(株) ・・・

香川県の地酒「悦凱陣・よろこびがいじん」は熱烈なファンが多い事でも知られている地酒なのですが、その「悦凱陣」で杜氏を務めた西垣信道さん。そしてその息子の西垣昌弘さんは 21歳のとき蔵人として酒づくりをはじめ、24歳で父親が杜氏を務める香川の丸尾本店(悦凱陣)へ入蔵。父から酒づくりの精神と技術を授かり、二人三脚で酒づくりに取り組んできました。

平成10年10月、縁あって西垣親子は広島にある亀齢酒造(きれいしゅぞう)の酒づくりを任されます。酒づくりの姿勢は昌弘さんに受け継がれ3年後に信道杜氏が引退。 その後は昌弘さんが杜氏として酒造りに取り組んでいます。 普段は温厚な昌弘さんですが、酒造りに妥協はなし。その姿は鬼気迫るものがあります。

亀齢酒造でもっとも売れているお酒に「辛口純米八拾」というお酒があります。 仕込み量は、1トン仕込みでタンク30 本分。自家培養である、落ち着いた香りの「NK 酵母」と、透明感のある果実香を出す「3号酵母(自称で協会とは関係なし)」とのブレンドでつくられるのですが、そのタンクのうちの3号酵母の中で、西垣杜氏がモロミの段階でもっとも良いと感じたものを1本だけ 特別に詰めていただいた無濾過生原酒が、今回の「亀齢チェック銀」となります。

控えめな洋梨やミネラルを感じる香り。口当たりの厚みのある旨みと、後口の程よい渋みとともに喉をスッと駆け抜けま。 開栓後、空気に触れることによって香り・味わいが開きます。みずみずしく、ふっくらとした飲み飽きしない味わいです。さて、80 精米なのになぜ雑味やぬか臭さのようなものを感じないのか?それは、酒粕を見ればわかります。亀齢の酒粕は、各蔵の酒粕と比べてもダントツゆるゆるでやわらかい酒粕です(純米クラスの酒粕でも)。ゆっくりやわらかく搾った粕歩合の高い純米酒は、低精米をまったく感じさせない透明感を表現した素晴らしいお酒に仕上がっています。

いろんな方にこのお酒の良さを知ってもらいたい、たくさんあるお酒の中から一度は「チェック」してもらいたいとの思いが、ラベルに表現されています。またボトルの裏側をのぞき込みますと、お酒越しにスペック表記が見える仕様になっています。

原料米 中生新千本 精米歩合 80%
日本酒度 +5.5 酸度 1.9
アルコール度 17〜18度 酵母 自家培養酵母

720ml 1139円
数量
1800ml 2204円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



ドメーヌ瑞冠(ずいかん) 五感 生モト辛口純米原酒  26BY
・・・ 広島県東三次市 山岡酒造(株) ・・・

山岡酒造は年間生産600石程度の小さな蔵。広島県内でも一般にはあまり知られていない、やや玄人ウケする蔵元ですが、その蔵の姿勢は地味ながらも真面目のひと言。広島県産のお米を 100%使用し、収穫のタイミングに合わせて自家製米しています。

蔵のまわりには自家栽培の亀の尾が、合鴨農法などによる低農薬無化成肥料で栽培されています。今でさえ「ドメーヌ蔵」 などとして色々なところで騒がれ始めましたが、 山岡酒造は昔から当たり前のようにやってきた蔵元です。

今回リリースされたお酒は、3年前に造られた「山田錦の生モト仕込みの辛口純米」を瓶火入し15℃の冷蔵庫でずっと寝かせたお酒。 搾られてから3年越しの発売です。全体的なイメージは「骨太」「質実剛健」「芳醇旨辛」 という表現がぴったり。 生モト由来の乳酸系の香りが熟して、バニラや蜜のようなニュアンス。その他、木の実やスパイシーな香味も感じます。

もちろん燗酒もオススメ。温めても味が崩れることなく、旨辛苦酸の主張はそのままに男らしい飲みごたえを実現。 燗冷ましで少し落ち着かせて飲むというのも玄人ウケしそうです。パンチの効いた料理にはもってこいでしょう。燻製ベーコンや豚の角煮、うなぎやコッテリとした中華。また、 チーズやクリーム系のグラタンなどの相性は抜群です。「飲みごたえのある辛口酒」 と問われたら、真っ先にオススメします。

原料米 広島県産山田錦 精米歩合 70%
日本酒度 +10 酸度 1.5
アルコール度 17.9度 酵母 自家酵母(蔵付1号)

720ml 1380円
数量
1800ml 2750円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



浅茅生(あさじお) 熊蟄穴 純米吟醸 無濾過生原酒  26BY
・・・ 滋賀県大津市 平井商店 ・・・

このお酒は、滋賀県大津市にある家族経営の小さな蔵(150石足らず)のお酒です。蔵元の平井商店は創業1658年、現在の杜氏は蔵元杜氏(蔵元つまり経営者自ら杜氏となって酒造りを行う)の先駆けでもある17代目。娘の弘子さんが18代目として修業中です。娘さん夫婦が蔵に戻ってきて以来、意欲的に酒造りにとり組み注目されている蔵元です。

「熊蟄穴・くまあなにこもる」と読みます。七十二候の一つ。二十四節の気の大雪の時候にあたり、熊も穴にこもり、空には雪が舞う季節となります。

この熊蟄穴は、地元大津市産の「みずかがみ」という米を用い、香り系酵母の協会1801号酵母で醸された純米吟醸です。瓶底にうっすらとオリがあります。(オリの量は個体差あります) 

フレッシュでフルーティーな香り、含むと発酵中の炭酸ガスが溶存しており、シュワシュワとしたガス感とキリッとした酸、爽やかなミネラルを感じる旨味、程よいボディ感と喉ごしの良さ。荒削りの良さと言いますか、荒々しさはありますが旨いです。

原料米 滋賀県産みずかがみ 精米歩合 60%
アルコール度 17度 酵母 協会1801

720ml 1390円
数量
1800ml 2780円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。




初めての方は、ぜひご覧下さい。ご注文の方法などです。 送料やお届けに関することです。 お支払いの方法についてです。
  ご注文の方法から、お届けまでを
   ご案内しています。
  送料や配達ご希望日の指定
   ギフト対応についてのご案内。
  各種お支払い方法についての
   ご案内をしています。
  お支払い規約   返品・交換について   プライバシー&個人情報について


トップページへ
大和の美酒へ 全国の美酒へ 焼酎リストへ