当店は地酒・本格焼酎・ワイン・梅酒等と伝統食品の店です
お電話でのご注文 水曜定休
受付時間 10:00〜18:00
FAX でのご注文はこちら
24時間受付中
 

小布施(おぶせ)ワイナリー  長野県上高井郡小布施町
 国産ブドウ・自社醸造100%にこだわり、長野県小布施の大地の恵みをブドウに封じ込め、五感を使ってワインを造る熱き人が醸すワイナリー。

小布施ワイナリーの四代目、曽我 彰彦さん。明治大学、国立山梨大学 工学部付属 ワイン研究センターの大学院にてワインを勉強した後、新潟の欧州ぶどう栽培研究所,(1996年)、フランス、ブルゴーニュ地方ヴォーヌロマネ村のクロフランタン(1997年)とシャブリ村のロン=デパキ(1998年)で住み込みの修行をし栽培、醸造を勉強し帰国。
 帰国後、彼は畑造りからはじめる。「僕達はワインの造り手ですが、ある時は農夫、ある時は木こりです。」と
言う。美味しいワインの決め手はまず畑からという信念。そして帰国から4年後に彼の造ったシュルドネが国産ワインコンクールで金賞を受賞し一躍脚光を浴びます。その後も数々の賞を受賞。
曽我 彰彦さんフロンティア精神あふれる若き造り手として今、最も注目されている国産ワインの造り手が魂を込めて醸したワインをどうぞ味わってみて下さい。

商品の有無及び小売価格については、メールまたは電話にてお問い合わせ下さい。
何かとご面倒をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。 
 お問い合わせ

商品のご紹介

Domaine Sogga  ドメイヌ ソガ とは
まず「ドメイヌ」とは、ぶどう栽培から醸造、瓶詰めまで責任を持って一貫して行う生産者のことです。
ですから小布施ワイナリーの自社農場で栽培、収穫されたぶどうで丹精込めて醸されたワインが、
小布施ワインの「ドメイヌ・ソガ」シリーズとなり、小布施ワインの中でもワンランク上に位置します。
小布施のワインの中でも特に人気が高く、「ドメイヌ ソガ」シリーズの中には、
蔵出しと同時に売り切れとなるものもあります。

小布施 ドメイヌ・ソガ サンシミ 2013 (赤)
ムラサキ第一東農場 メルロ



◎裏ラベルより
ムラサキ農場には現在19のリューディ(命名畑)が存在し、それぞれ個性あふれるワインを生み出しています。私が死ぬまでにお披露目したかったリューディ毎瓶詰めの夢をファンの皆様が理解下さり(嫌かもしれませんが)今年も挑むことが出来ています。本当に感謝です。

第一農場の道を挟んで東にある第一東はドメイヌソガではロマネサンヴィヴァンのような存在。偉大な畑の隣にあるため、二番手に甘んじるようなところがありますが侮ることなかれ第一農場と同じような岩、石だらけの沖積土である第一東はメルロに相応しい畑。複雑に河川が入りくんでいた事が想像できる第一農場界隈の地形らしく第一東は第一より1メートル50センチの谷の上に存在します。第一のメルロとは対照的でピノノワール的な要素を持ち合わせるこの第一東のメルロは優しい色調からも想像できるようにしなやかな味わい。ことに2013年産は少生産量ですが、他のリューディには無い綺麗で潔白な果実の香り、樽熟由来の仄かな紅茶を感じ、第一東らしい味わいが鮮明にでている年となりました。

 自然派ワインという言葉が安易に使われるようになってしまった現在の日本。ぎりぎりまで神経をすり減らし、葡萄を守る我々のJAS有機または無化学農薬(サンシミ)を冒涜しているかのような「安易な自然派ワイン(亜硫酸無添加、減農薬、味がビオっぽい)」に辟易した我々は2011年よりラベルにVin Naturelを冠することに陳腐さを感じ辞めました。紛らわしい表記変更をお詫びいたします。
 葡萄をサンシミ(除草剤、殺虫剤、現代殺菌剤を不使用)で栽培しさらにサンシミ(無補糖無補酸かつ天然酵母)で発酵しました。小布施は8ヘクタール中4ヘクタールをサンシミ栽培にし、さらにその内1.5ヘクタールをJAS有機認証(世界標準の認証機関)取得。

★ワイン1本ずつに透明のラベル保護シールが貼られているため、光沢があってエチケットの写真がきれいに撮れないのですが、実際はくすんでいるわけではありません。

◎おかげ様で完売しました。



小布施 ドメイヌ・ソガ サンシミ 2013 (赤)
ムラサキ第4東、第4西 メルロ


◎裏ラベルより
  ムラサキ農場には現在19のリューディ(命名畑)が存在し、それぞれ個性あふれるワインを生み出しています。私が死ぬまでにお披露目したかったリューディごと瓶詰めの夢をファンの皆様が理解くださり(嫌かもしれませんが)今年も挑むことができています。本当に感謝です。

 第4西は畑の中に複雑な高低差のある地形でメルロ(ヴィーニュフランセ)はその丘の上に植えられています。また第4東の北端にはドメイヌソガの畑の中で最も立派な高さ2メートル以上石垣(農業遺構と言っても過言ではないはず)が50メートル以上にわたって存在します。北風をその石垣がブロッキングするためか比較的早くメルロが熟します。優しいワインに仕上がるこの第4畑ですが、第4西のヴィーニュフランセーのメルロがアッサンブラージュされることにより透明感を兼ね備えます。
 2013年産は比較的しっかりとしたタンニンを持ち合わせます。発酵中、天然酵母がかなり厳しい条件で発酵を進めたからなのか、ノーブルリダクション(H2S香)が微かにありますが抜栓を早めて頂くかカラフに移してからお飲みいただくと美味しくお召し上がり頂けます。

  自然派ワインという言葉が安易に使われるようになってしまった現在の日本。ぎりぎりまで神経をすり減らし、葡萄を守る我々のJAS有機または無化学農薬(サンシミ)を冒涜しているかのような「安易な自然派ワイン(亜硫酸無添加、減農薬、味がビオっぽい)」に辟易した我々は2011年よりラベルにVin Naturelを冠することに陳腐さを感じ辞めました。

 葡萄をサンシミ(除草剤、殺虫剤、現代殺菌剤を不使用)で栽培しさらにサンシミ(無補糖無補酸かつ天然酵母)で発酵しました。小布施は8ヘクタール中4ヘクタールをサンシミ栽培にし、さらにその内1.5ヘクタールをJAS有機認証(世界標準の認証機関)取得。

★ワイン1本ずつに透明のラベル保護シールが貼られているため、光沢があってエチケットの写真がきれいに撮れないのですが、実際はくすんでいるわけではありません。

◎おかげ様で完売しました。



小布施 ドメイヌ・ソガ サンシミ 2013 (赤)
ムラサキ第5農場 メルロ&タナ



◎裏ラベルより
ムラサキ農場には現在19のリューディ(命名畑)が存在し、それぞれ個性あふれるワインを生み出しています。私が死ぬまでにお披露目したかったリューディ毎瓶詰めの夢をファンの皆様が理解下さり(嫌かもしれませんが)今年も挑むことが出来ています。本当に感謝です。

マンアックなワインラヴァーしか寄せ付けない日本ではまだマイナーなタナ種、タンニンの語源言われるように本来大変タンニンの強く渋さを持ち合わせるワインとなりますが、第5農場にあるタナはヴィーニュフランセ(継ぎ木無し)のためかフランス物ほどの渋さはなく柔らかく仕上がります。さりとてタナはタナ、

そこで2013年産は同じ第5農場産のメルロをアッサンブラージュしました。ボルドーと同じアキテーヌ地域で生産されるタナだけであり、相性は悪いはずがないと言えます。タナ由来の果実香であるブラックベリーやカシスを連想させるような爽やかさの中にメルロの落ち着いた香りと深みのある味わいが口中でシンクロします。

このワインは葡萄をサンシミ(除草剤、殺虫剤、現代殺菌剤を不使用)で栽培し、さらにサンシミ(無補糖無補酸かつ天然酵母)で発酵しました。小布施は8ヘクタール中4ヘクタールをサンシミにし、その内1.5ヘクタールをJAS有機認証(世界標準の認証機関)取得。

★ワイン1本ずつに透明のラベル保護シールが貼られているため、光沢があってエチケットの写真がきれいに撮れないのですが、実際はくすんでいるわけではありません。

◎おかげさまで完売となりました



小布施 ドメイヌ・ソガ ヴィーニュ サンシミ 2014(赤)
ピノノワール クレレ


◎裏ラベルより
「小布施のピノのあり方」を我々自身で問い続けた結果、メルロ以上に強いワインを求めず身体に沁み入るやわらかさを目指すことにしています。2014年もふくよかさや丸みのある私好みワインができたと思っています。人間同様、見た目で赤ワインを判断してはなりませんが、誤解を招いてはいけませんので赤ワインとロゼワインの中間の意味のある「クレレ」をラベルに付記しました。

残念ながら今年も2%アルコール分の補糖をしています(補酸はしていません)のでラベルにVin sans chimiを冠せず、Vignes sans chimiとしています。補糖は「小布施サンシミ」の概念に反していますが、もうすこしピノノワールを私達に造らせて頂きたいです。私がブルゴーニュで修行してきた事もあり複雑な思いでピノノワールを栽培していると同時に断ち切れない思いがあります。

 自然派ワインという言葉が安易に使われるようになってしまった現在の日本。ぎりぎりまで神経をすり減らし、葡萄を守る我々のJAS有機または無化学農薬(サンシミ)を冒涜しているかのような「安易な自然派ワイン(亜硫酸無添加、減農薬、味がビオっぽい)」に辟易した我々は2011年よりラベルにVin Naturelを冠することに陳腐さを感じ辞めました。葡萄をサンシミ(除草剤、殺虫剤、現代殺菌剤を不使用)で栽培しさらに天然酵母で発酵しました。小布施ワイナリーは8ヘクタール中4ヘクタールをサンシミ栽培にし、さらにその内1.5ヘクタールをJAS有機認証(世界標準の認証機関)取得。

★ワイン1本ずつに透明のラベル保護シールが貼られているため、光沢があってエチケットの写真がきれいに撮れないのですが、実際はくすんでいるわけではありません。

◎おかげ様で完売となりました



小布施 ドメイヌ・ソガ プティ マンサン モワル 2014 (白)


◎裏ラベルより
8ヘクタール所有する小布施の自社ワイン畑(ドメイヌソガ)においてプティマンサンをヨーロッパ仕立てにて栽培醸造しました。日本で貴腐でも氷結でもない普通の葡萄から甘口のワインができるという私にも信じられない出来事が今年も続いています。

2013年は糖度がまだ上がりそうだけど辛口に仕上げるため糖度25度で収穫し9ヶ月発酵させましたが酵母が「もう無理!」と言って少しだけ甘さが残ってしまいました。ですので2014年は割り切り「葡萄さん、ご自由に糖度を上げてください」方式に戻しました。結果、天然糖度28度、酸度11.1。ほんのりとした甘さは、食後酒というより食中酒としてもお勧め。またこのワインは間違いなく四半世紀または半世紀は充分持ちこたえられるワインです。「50年前、変人のワインの造り手がこんな葡萄を造っていたのか!」と子々孫々に伝承できるワインかとおもいます。そんな飲み方をされたら栽培醸造家として本望です。

 原産国はフランス、ピレネー山脈の麓。伝統的にもスッドウエスト地方随一の高貴白品種に上げられています。今後地球温暖化に対抗できうる品種候補として小布施では植えているため、超晩熟性で小布施でも11月の霜がふるぎりぎりに収穫をします。

★ワイン1本ずつに透明のラベル保護シールが貼られているため、光沢があってエチケットの写真がきれいに撮れないのですが、実際はくすんでいるわけではありません。

◎完売しました



小布施 ドメイヌ・ソガ アルバリーニョ&プティマンサン&ミュスカ 2014 (白)


◎裏ラベルより
長野、滋賀高原南山麓に広がる小布施ワイナリーのワイン農場。8ヘクタール所有する小布施のワイン畑においてヨーロッパ仕立てにて栽培した葡萄です。

 簡単にはいきませんでした。2013年のアルバリーニョも決して収穫量の多いものではありませんでしたが、2014年はさらに収穫量の少ないものとなりました。さらに収穫時、夜温の低い日が続き中々酸が下がらないで参ってしまいました。10月下旬まで収穫を待っていると健全なパスリアージュのような状態になっていき、益々収穫量が減る始末。胃が痛くなる日が続きました。結果的にあまりにも収穫量がすくなくこのままでは葡萄のプレス機で搾れないため、敢えなくプティマンサンを混醸することを決め同日収穫をしました。

その代わり、糖度が25度で酸度も1.0という日本葡萄離れした素晴らしいスペックの葡萄が出来上がりました。華やかな香りそしてアルバリーニョ由来の透明感溢れる酸、さらに小布施が位置する上高井の大地由来のミネラル感。やはり小布施の中ではこの葡萄、ただ者ではありません。

葡萄品種
アルバリーニョ64%、プティマンサン29%、ミュスカ7%

★ワイン1本ずつに透明のラベル保護シールが貼られているため、光沢があってエチケットの写真がきれいに撮れないのですが、実際はくすんでいるわけではありません。

◎完売しました



小布施 ドメイヌ・ソガ サンクセパージュ ヴィーニュ サンシミ 2015 (白)


◎裏ラベルより
サンクセパージュの人気を尻目に収穫量が右肩下がりのサンシミの白葡萄達。悩ましい判断のもと、シャルドネ30%強をアサンブラージュすることにしました。それでも需要に対して供給が追いつかない状態です。かといってシャルドネをソービニヨンブラン以上の比率をブレンドする予定は毛頭考えていません。

 ソーヴイニヨンブラン(44%)、シャルドネ(34%)、ピノブラン(12%)、リースリング(6%)、ゲヴェルツトラミネール(4%)を無化学農薬栽培にしています。このワインは決して強すぎる香りではなく、清楚な日本女性の様。味わい自体も強さはありませんが、岩塩を口に含んだようなミネラルを感じる大地の味わいとナイフを舌で舐めたようなシャープな酸が特徴。小布施ワイナリーの中では最も難解な香味の白ワインに数えられるサンクセパージュではありますが各ヴィンテージを「これこそドメイヌソガ白の真骨頂」とコアなサンクセパージュファンに支えられ今に至ります。

 2015年も「よそよそしさ」のある香り、すなわちバリバリ「サンクセパージュらしい」ワインです。ご存知のように数が少ない上に「人見知りの激しいワイン」です。よって「いちげんのお客様」ではなくこのワインを待っておられる方に飲んでもらいたいです。

 葡萄をサンシミ(除草剤、殺虫剤、現代殺菌剤を不使用)で栽培しさらにサンシミ(無補糖、無補酸かつ天然酵母)で発酵しました。小布施は8ヘクタール中4ヘクタールをサンシミにし、さらにその内1.5ヘクタールをJAS有機認証(世界標準の認証機関)取得。

★ワイン1本ずつに透明のラベル保護シールが貼られているため、光沢があってエチケットの写真がきれいに撮れないのですが、実際はくすんでいるわけではありません。

◎完売しました



小布施 ドメイヌ・ソガ 飲マンデシ 2015 (白)


◎裏ラベルより
 8ヘクタール所有する小布施の自社ワイン畑(ドメイヌソガ)においてミュスカ(シャインマスカット、ネオマスカットのようなハイブリッドでは無い)、ゲヴェルツトラミネール、リースリング、プティマンサンをヨーロッパ仕立てにて栽培醸造しました。2015年は1回の蔵出しで即完売になる僅かな生産量ですが誰も真似しない小布施アロマティック系スペシャルアサンブラージュとして発売します。

「飲マンデシ」とは何ぞや?。当て字なのです。「名称未定」をフランス語辞典で直訳するとnom indecis(ノマンデシ)となります。このワイン、南は地中海特産のミュスカピレネー特産プティマンサン、北はアルザス特産のゲヴェルツ、リースリングと本国フランスではあり得ないアサンブラージュなのです。この絶妙なブレンドだけど脈絡の無い(?)ワインに名付けるのは至難の業。結局、発売時には仕方なく「名称未定」として発売したのが名前の所以。その候補の中でも「飲まんでしー」と何処かの方言のような名前が覚えやすいという事でこの名に決まりました。

チャラけた名前ですがワインは真剣そのもの。小布施のケヴェルツやリースリングの収穫量は他のぶどうから比べると驚くような低収量となってしまいます。さらに熟期がぶどうの樹体ごとに異なる為、収穫も数回に分けて行うのが常。手間ばかりかかり大変な品種達です。けど出来上がるワインにいつもウットリとさせられるから中々やめられません

★ワイン1本ずつに透明のラベル保護シールが貼られているため、光沢があってエチケットの写真がきれいに撮れないのですが、実際はくすんでいるわけではありません。

◎完売しました



小布施 ドメイヌ・ソガ アルバリーニョ&ミュスカ 2015 (白)


◎裏ラベルより
 8ヘクタール所有する小布施の自社ワイン畑(ドメイヌソガ)においてアルバリーニョをヨーロッパ仕立てにて栽培醸造しました。2015年も1回の蔵出しで即完売になるような僅かな生産量ですが小布施アルバリーニョの実力を発揮したワインとなりました。今までの小布施ワイナリー農場産ぶどうで経験の無いような華やかな香り、そしてアルバリーニョ由来の透明感溢れる酸、そして小布施が位置する上高井の大地由来のミネラル感、毎年ではありますが自分でもこのようなワインが出来たことに驚いています。

決して収穫量の多いアルバリーニョではありませんので生産者泣かせではあるのですが、ムラサキ第8農場BASはムラサキの畑の中で最も栽培の難しい畑です。以前の栽培者が微生物系の○○農法というような畑であり普段は大人しいアルバリーニョの木ではありますが第8BASではじゃじゃ馬のように大暴れします。苦労が多いからこその芳醇なアルバリーニョが生まれるのかも知れません。ミュスカは実験的な栽培品種でありますがアルバリーニョの個性を削ぐことの無いようアクセント程度のアッサンブラージュに留めています。

★ワイン1本ずつに透明のラベル保護シールが貼られているため、光沢があってエチケットの写真がきれいに撮れないのですが、実際はくすんでいるわけではありません。

◎完売しました


★小布施ワイナリー 用語辞典
サンシミ(Vin Sans Chimie)・・・・ 
葡萄は除草剤・殺虫剤・現代殺菌剤を不使用で栽培し、さらに無補酸、無補糖かつ天然酵母で発酵させる。



初めての方は、ぜひご覧下さい。ご注文の方法などです。 送料やお届けに関することです。 お支払いの方法についてです。
  ご注文の方法から、お届けまでを
   ご案内しています。
  送料や配達ご希望日の指定
   ギフト対応についてのご案内。
  各種お支払い方法についての
   ご案内をしています。
  お支払い規約   返品・交換について   プライバシー&個人情報について


 小 布 施 ワ イ ン リ ス ト へ 

トップページへ
大和の美酒へ 全国の美酒へ 焼酎リストへ