土田 生酛純米 イニシャルK 720ml [1151]

土田 生酛純米 イニシャルK 720ml [1151]

販売価格: 1,900円(税別)

(税込価格: 2,090円)

在庫なし




◆蔵元より
今回は「イニシャルK」です。

今回のお酒。思いがけない食事との相性が生まれます!
これはケンカするうまさです。例になっているかわかりませんが、プロレスでいうなら、
”相手の良いところを最大限に引き出して、あえてそれを受けてたつ”です。

日本酒でも、なにかと話題のペアリングやマリアージュ。あなた様は、どのようなイメージを持たれておりますか??私のイメージでは、

・食べ物もお酒も抵抗なく口の中に流れていく。
・お互いが水のようにとけあう
・後味がよくまろやかになる

ことが、良いマリアージュやペアリングの条件だと思っていました。
そう、このお酒ができるまでは…
このお酒は、まったく別の体験をくれます!

例えば 山椒 の効いた麻婆豆腐。

このお酒無しで食べた時は、ほどよい山椒の風味。まあ普通の山椒の味。
それがこのお酒を飲むと・・・山椒が口の中が爆発します!

「え、山椒ってこんな風味が隠れていたっけ?採れたて?新鮮?」と、ケンカして初めてわかる山椒の尖った良さ。怖いもの食べたさで、思わずもう1回飲んでみたくなる。ケンカする結果、おもしろい長所を引き出してくれるお酒なんです。

おすすめは、辛い、苦い、酸っぱいなど、日本酒ではまず合わない食材で。特に私のおすすめはチョコレート。チョコレートがもっている、カカオ感。これが倍増。ただ甘くないよ!ちゃんと苦味あるよ!という主張をしてくれます。バレンタインデーに、チョコと一緒にお酒を飲む。という体験も一興です。…残念ながら、うちのスタッフ達はみんな懐疑的ですが。

「イニシャルシリーズといえば、チャレンジしてるお酒だけど、今回はどんなチャレンジをしてるの?」と、ネットなどでご質問を頂いております。

「日本酒を使って、日本酒を仕込む」ことをしました。日本酒の複雑なうまみと甘みを味わうためです。日本酒の製造は「三段仕込み」という工程を行います。三段仕込みとは「添」「仲」「留」と、3回に分けて量を増やす方法です。このときに、毎回“水→水→水”と仕込みに応じて、3回入れます。今回のお酒は“水→水→酒”と、最後にお酒を入れて仕込みました。

「土田さん、それは貴醸酒のことじゃないの?」と思われるかもしれません。はい。製法的には貴醸酒の方式です。しかし、貴醸酒と名乗るには、貴醸酒の協会に所属が必要なため、貴醸酒の表記はしておりません。私たちは、貴醸酒の名前が欲しかったわけではなく、お酒を入れたら発酵がどうなるかをやってみたかったからです。とかいって、Kという文字を使って、貴醸酒を匂わせてるあたりが人の弱さ…ちなみに、イニシャルKのKは「Knot」。結ぶという意味です。人との縁ももちろん、食材との新しい縁を結んでくれるお酒です!

そしてチャレンジといえば、精米歩合90%(10%しか磨いていない)。しかも酒米ではなくて、群馬の食べるお米です。食べるお米でも、うまい味は出せる。ことしは、90%のチャレンジを多くやっていく、そのひとつのお酒となります。こちらは、試験的醸造のため、720mlで2,000本となっております。半年くらいの在庫になると思いますので、少し長い販売をいただけると思います。来年も造るかは、販売店さんとお客様の評価を頂いてから、判断したいと思っています。

商品仕様

原料米 群馬県産 飯米
精米歩合 90%
日本酒度 -25
酸 度 2.2
アミノ酸度 2.3
Alc. 15度(原酒)
酵 母 協会901酵母
酒造年度(BY) 令和1BY(2019BY)

Facebookコメント