小左衛門 純米大吟醸 「根っこ」 生原酒 1.8L [1604]

小左衛門 純米大吟醸 「根っこ」 生原酒 1.8L [1604]

販売価格: 3,000円(税別)

(税込価格: 3,300円)

クール便(冷蔵): 300円がかかります

在庫あり
数量:
◆蔵元紹介
創業1702年の歴史ある蔵元。この地の庄屋をつとめていた中島小左衛門用心氏が酒造業を開始したのが始まり。もともとは「始禄」というブランドが中心でしたが、平成12年に純米・三年古酒を中心に計7種類の新ブランド「小左衛門」を立ち上げます。その後、平成14年に地元瑞浪にて酒米を育て収穫し、現在では、単位農協との取引開始。農家の方々の顔が見えるお米の入手に尽力されています。この度紹介するお酒も、日吉機械化営農組合さんが作る「あさひの夢 を100%使用しています。

◆コンセプト
生産者の顔が見える原料を使用するがテーマの小左衛門「農」シリーズ。今年も中島醸造のある地元瑞浪市の農事組合法人「日吉機械化営農組合」さんが作った「あさひの夢」を使用しています。あさひの夢はもともと愛知県が開発したお米で、粘り気がそこまで強くなく、さっぱりとした味わいの食用米のため、酒造りにも適しています。「農」シリーズには、テーマがあります。

この「根っこ」は、香り高く飲みやすいお酒を意識して造っており香り系の酵母を使用しています。今年は、昨年やや甘ダレしたのを嫌い、低アルコール原酒に仕上げました。リンゴや梨、ややクリーミーな甘い香りがします。口当たり軽やかで、旨味もほどよく、やさしい余韻と共にスーと消えていきます。つっかえるところのない、みずみずしくスムースな味わいより、「Light&Smooth」のシールが首に付いています。

◎試飲しました(2020.7.25)
フローラルで爽やかな香り、含むとしっとりした優しくまろやかな味わいが広がる。心地良いミネラル感とスムーズな喉ごし、キレの良さ。後口はサッパリで余韻に米の旨味を残します、美味しいです。

商品仕様

原料米 あさひの夢
精米歩合 50%
日本酒度 -2
酸 度 1.7
アミノ酸度 0.5
Alc. 14.5度
酒造年度(BY) 令和1BY(2019BY)

Facebookコメント