土田 イニシャルR スペック2 720ml [2507]

土田 イニシャルR スペック2 720ml [2507]

販売価格: 1,620円(税別)

(税込: 1,782円)

在庫なし
◆蔵元より
イニシャルRは、うちでは珍しい香りが高めのお酒になります。といっても、巷にあふれている、りんご系(カプロン酸エチル)の香りではございません。落ち着いて香りが楽しめる、バナナ系(酢酸イソアミル)の香りが高いのです。そんな酵母が、土田酒造に住み着いていた140種類の中にいたのです。それを IDO酵母と名付けて、今回も仕込んでみました。

IDOとは?
「イソアミルの香りが、ドカンと出る」の略称です。
誰ですかね、このセンスのない名前つけた人は。すみません私です。名前はともかく、その酵母を使用しているのです。おかげさま「米の味わいがする」とご好評頂いております、シン・ツチダのような精米90%のお酒で、お米を噛んでるような複雑性のある味わいのお酒はできるようになりました。

では、精米90%で、技術的にもう少しスッキリとしたお酒はできないのでは?という疑問から、こちらのお酒を造りました。そして、その疑問が晴れるように、見事にスッキリとしたお酒となりました。しかも、ほどよく味わいがあります。

最初、薄いかな…と感じたのですが、それはシン・ツチダと比べてしまうと。通常のお酒と比べると、濃厚です。R(残響)の名のごとく、より余韻感が広がりました。

今後の課題とすると、粕歩合をもっと低くしたいことです。
スッキリな味わいにするために、お米の溶け具合が少なかったことです。もっと溶かしながらも、このスッキリ感が出ないか、研究の余地が残りました。

相性のよい料理は、チーズをメインに使った料理、塩系や、ダシ系。塩系や、おでんなどのダシなどは、ぶつかることなく、染み込んでいくように入っていきます。魚系とも最高に合います!

初めて、精米90%のお酒を飲まれる方に、少し柔らかい方から飲んでもらいたい。というときに、ちょうどオススメするのに良いお酒だと思います。

こちらのお酒も、ぜひ常温保管でお願いします。
まだ若干かたいので、シン・ツチダのように、栓を空けて少しおいてから飲んで頂くのもおすすめです。香りが劣化したり、飛んでしまうのでは?と思われるかもしれませんが、これがイソアミル系のいいところ。変化はしますが、飲みづらくなるような香りにはならないので、ご安心ください。

◎試飲しました(2020.10.20)
グラスに注ぐと、ほのかに黄金色、立ち上がる香りは、甘酸っぱさを感じ、焼きリンゴやシロップを思わせる。含むとソフトな口当たりで少し軽快さも感じます。ジューシーなリンゴ酸を思わせる味わいが心地良く、飲み口もスムーズで、キレも良い。スッと喉に入り、後口はサッパリです。(息子はクエン酸を感じると申しました。)

なかなか他にないタイプ。ユニークだが美味しい!土田ワールドを満喫できるお酒です。

商品仕様

原料米 群馬県産 飯米
精米歩合 90%
日本酒度 ±0
酸 度 2.0
アミノ酸度 1.1
使用酵母 IDO酵母(土田酒造)
アルコール分 15度(原酒)
焼酎用黄麹菌使用、麹歩合27%
保存方法 常温保管

Facebookコメント