THE白露垂珠 純米吟醸原酒 出羽燦々60 720ml [3406]

THE白露垂珠 純米吟醸原酒 出羽燦々60 720ml [3406]

販売価格: 1,600円(税別)

(税込価格: 1,760円)

クール便(冷蔵): 300円がかかります

在庫あり
数量:
◆蔵元紹介
1858年、初代金野岩治が竹の露酒造場を創業。酒蔵の近隣は昔から孟宗竹の産地であり、農業の傍ら、竹を用いて業とする人々が多数居りました。竹林に囲まれ美酒を醸す酒蔵ゆえに「竹の露」と呼ぶようになったといわれています。竹の露の代表銘柄である「白露垂珠」の由来は、お酒をこよなく愛した詩仙である李白の作品の一部を引用したものです。

「やわらかくふくらみ、しかも透明感があり爽やかであること。お米の旨みが広がり後味の引きがきれいであること。」という確かな酒質のため、酒造姿勢を厳しく貫くことに日々努めています。

◆コンセプト・味わい
蔵元の代表社員である相沢社長が常日頃口にする「透明感のあるお酒」という言葉。蔵内の地下300mから湧き上がる「月山深層無菌高水素シリカ波動超軟水」は、酒蔵としては日本唯一、食品衛生法第52条により生水のままでの充填販売が許可されており、欧米にも輸出しているというこだわりの水です。

その超軟水から生まれる艷やかで女性的なやさしい味わい。そして、もっとも蔵元が大切にする「透明感」を表現したい。「ああ、あの白露垂珠ね!」と、気づいてもらえるお酒を目指して、「THE=あの」の意味を込めた「THE白露垂珠」をコンセプト・ワーカーズ・セレクションでは販売致します。

リンゴや洋梨を思わす透明感と華やかさを兼ね備えた綺麗な香りがします。口当たりはやわらかく、和梨のようなみずみずしさを残しつつも、熟成により引き出された上品な甘みがとろりとした印象を与え、女性的な味わいのお酒です。つっかえることなくす〜と消えてゆく上品な味わいはラベルのイメージとよくマッチしていると思います。

◆デザイン
ラベルデザインは、コンセプトワーカーズセレクションの「きらめき燦然」をデザインした、東京のタイラーデザイン事務所の杉本さんです。もっとも蔵元が大切にしている「透明感」を意識して、コンセプト・酒質・デザインを考えたのが、この「THE白露垂珠」シリーズ。飲んだ方が、「あっ!あの白露垂珠ね!」と気づいてもらえるようなお酒になれるよう願いを込めて、「THE」=「あの」を全面に出したデザインと、その艷やかで女性的な味わいをロゴで表現し、他のお酒よりも目立つよう銀フィルムを使用しました。

商品仕様

原料米 出羽燦々
精米歩合 60%
日本酒度 -1
酸 度 1.5
アミノ酸度 1.5
Alc. 17.5度
酵 母 山形酵母
保存方法 冷蔵推奨

Facebookコメント