まんさくの花 FAMILY HISTORY 純米大吟醸 720ml [1842]

まんさくの花 FAMILY HISTORY 純米大吟醸 720ml [1842]

販売価格: 1,800円(税別)

(税込: 1,980円)

クール便(冷蔵): 300円(税込:330円) がかかります。

在庫あり
数量:
酒米の王様と言われる「山田錦」(1936年命名)は、短桿渡船(渡船2号)と山田穂という品種の人工交配によって1923年に誕生しました。このお酒はその三種類のお米をタンクで共演させた純米大吟醸(一度火入れ原酒)です。酒米の使用量もそれぞれ3分の1ずつで統一。約一年の熟成期間を経てお酒の角がとれて丸くなってきたのでリリースされました。

◆蔵元より
山田錦、山田穂、渡船2号を使用して醸し、約1年の熟成期間を経て発売する正統派の純米大吟醸です。実はこの商品の発売には、ちょっとした裏話が。

当初、山田錦(子)・山田穂(親)・短桿渡船(親)を使用して親子仕立ての商品を企画していましたが、酒米の歴史を調べるうちに、短桿渡船は現存していないことが判明‥・巷で短桿渡船と呼ばれていた酒米は、短桿渡船に一部似ている性質は持ち合わせているものの、「渡船2号」という別の品種だったのです。当初のコンセプトは潰えてしまいましたが、山田錦ファミリー奥深さを知るきっかけになりました。さらに、3種類の酒米から醸したこのお酒は、酒米の歴史の深さを物語るに相応わしい美酒に仕上がりました。まさに、正統派の純米大吟醸です。

◎試飲しました(2021.4.26)
グラスに注ぐと美しく艶のある色合い。立ち上がる香りは、黄色いりんごやメロンを感じます。含むと凛とした味わいで、透明感があり雑味の無い澄みきったキレイな味わいで上品な含み香を持ち、洗練された美味しさが口中に広がります。キレもスマートで後口もキレイ。余韻は短いがソフトで品のある甘味を残し心地良い。

山田錦のルーツと言われる親の酒米の「山田穂」と「短桿渡船」、そして子の酒米の「山田錦」を同じ割合で使用した純米大吟醸。ファミリーヒストリーというネーミングも今風で、地酒ファンにとっては楽しい企画、しかもちゃんとクオリティの高いお酒に仕上げるところが「まんさくの花」の凄いところだと思います。

原料米 使用割合
兵庫県産山田錦 33.4%
兵庫県産山田穂 33.4%
兵庫県産短桿渡船(※渡船2号) 33.3%



商品仕様

原料米 山田錦、山田穂、短桿渡船
精米歩合 50%
日本酒度 -1.0
酸 度 1.7
アミノ酸度 0.8
使用酵母 秋田流花酵母(AK-1)
アルコール分 16.6度
保存方法 要冷蔵
備考 上槽年月:2020年4月

Facebookコメント