仲村わいん工房[大阪府]

大阪に、こんなしっかりした味わいのワインがあるんだ!と初めて飲んだときに驚きました。そしてワイナリーを訪ねてさらにびっくり!

このワイナリーは先代が、1988年 65歳の時に突然「ワイン造りを始める」と宣言。大阪と奈良の間に近い羽曳野地区の山奥に5000㎡もの畑を開墾。1993年に酒造免許を取得し、1995年ごろより甲州、メルロー、カベルネ、リースリングなどの栽培を開始しました。

その後、現ワイナリーオーナーの仲村現二さんが引継ぎ、栽培・収穫・醸造・瓶詰め・ラベル張り・発送までを自ら行なっています。また現在も大阪市内で酒屋を経営されていますので、酒屋をしながらも、畑に入りブドウを育てワインを醸すというバイタリティ溢れる方です。

自家栽培されるぶどうは、除草剤を使用せず減農薬で育て、手摘みで収穫、天然酵母による長期発酵。亜硫酸もほとんど使わないとてもナチュラルなワインです。栽培や醸造スタイルは、オリジナリティに富んでいますが、既に実力は日本トップクラスという評価を受けています。ブドウ本来の果実味が感じられる仲村さんのワインをぜひ味わって下さい。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8