若駒|若駒酒造[栃木県]

【合名会社 若駒酒造場】 栃木県小山市
若駒酒造は、創業万延元年(1860年)という歴史ある蔵です。代表的な銘柄は、善十郎といいます。
その蔵の六代目 柏瀬 幸裕さんが、奈良の油長酒造(代表銘柄:風の森)にて三年間の修行を終え、蔵に戻り自ら造ったお酒を、地酒専門店向けに新たなブランドとして、発売をはじめたのが「若駒」です。

使用米には、地元 栃木県産の「あさひの夢」と雄町等を使用。「あさひの夢」は一般米ですが、これは一般米でも素晴らしいお酒を造る「風の森」から学んだことを活かして醸しています。次に搾り機は佐瀬式といわれるものです。自然の圧力でしぼる佐瀬式の槽の良さを最大限に活かす搾り方をしています。

生産石数は、100石と少量ですが、夢は大きい6代目の挑戦がはじまりました。ぜひ応援よろしくお願いします。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8