儀助(ぎすけ)|奈良豊澤酒造

奈良豊澤酒造株式会社】 奈良県奈良市今市町
明治元年(1868年)豊澤儀助が大阪にて酒卸業を創業。明治20年頃、酒造業に進出し清酒の製造を始める。昭和10年頃(1935年)酒蔵を現在の奈良市今市町に移転。代表銘柄は「豊祝・ほうしゅく」。

昭和40年代、まだ全国で普通酒が全盛の頃、純米酒造りに力を注ぎ始める、今日、生産する酒の8割が純米酒以上の特定名称酒となっています。
平成2年には、全国新酒鑑評会で金賞を受賞、その後5年連続を含む、11回の金賞を受賞するなど、県内でも吟醸造りには、高い実績を誇っています。

その奈良豊澤酒造が、今年(2016年)限定流通のお酒として新ブランド「儀助」を立ち上げました。昨年新しく代表となられた五代目蔵元の豊澤孝彦氏を中心にこの新ブランド醸造に向けた設備投資を行い、より付加価値の高いお酒を造る為、小ロット仕込みの環境が整ったことでこの度の発売となりました。

関西にお住まいの日本酒ファンの方なら「豊祝」は飲んだことがあるよ、という方もおられると思いますが、これまでの「豊祝」とは一線を画す味わい仕上がっています。奈良豊澤酒造の新たな挑戦をぜひお試しください。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

8