稲乃花|稲田酒造


稲田酒造合名会社はJR・近鉄天理駅から東西に伸びる三島本通り商店街にある創業130年余りの酒蔵です。 小さな蔵元ですが造り手、売り手、飲み手が一本の糸で結ばれ、それぞれの顔が見える状況にあること、人と人との繋がりを大切にすることをモットーに営業しております。

地元でとれたものを地元で消費したい、そこに酒造りで関われたらそういう想いの下、地元産の米を積極的に使用しています。天理市福住町は米作りに向いた土地柄で地元農家の方、また行政からも協力を得、酒米も含めた様々なコメ作りに挑戦いただいてます。

従来から使用している定番の酒米としては奈良県産露葉風、兵庫県産山田錦、福井県産五百万石、岡山県産雄町を使用しています。また奈良県産きぬひかり、奈良県産ひのひかりも普通酒、純米酒を中心に使用しています。

令和元年 全国新酒鑑評会にて、平成30BYメインブランドの「黒松稲天大吟醸酒」が金賞受賞

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

14