まるき葡萄酒[山梨県]

日本において本格的にワイン醸造が始まったのは明治初期です。
1877年に大日本山梨葡萄酒会社が設立され、祝村(現甲州市勝沼町)の有志の中、二人の青年、高野正誠土屋龍憲が葡萄栽培とワイン醸造技術取得のため、本場フランスへ派遣されました。

二年後に帰国し、土屋龍憲が1891年に設立したのが、マルキ葡萄酒でした。マルキとは中国で縁起の良いとされる。「喜喜」を丸く囲んだものです。現存しているワイナリーとしては、日本最古です。

ワインのジャケット(ラベル)に描かれた葉を良く見てみると、異なっているのがわかります。それぞれのワインに使用されている葡萄品種の葉が描かれています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1