亀齢 Check「紫」純米 無濾過生原酒 1.8L [1142]

亀齢 Check「紫」純米 無濾過生原酒 1.8L [1142]

販売価格: 3,000円(税別)

(税込価格: 3,300円)

クール便(冷蔵): 300円がかかります

在庫なし
◆味わい・コンセプト
亀齢のチェックシリーズの番外編「紫」です。今回リリースするチェック「紫」は、千本錦の生酒となります。千本錦は、広島県が開発した「山田錦」と「中生新千本」の掛け合わせで、適度に硬さがあり、高精白に向いた吟醸系の酒に適した酒米と言われています。すっきりとした味わいに仕上がる傾向があるので、-2℃の冷蔵庫で生のまま、ゆっくりと半年以上熟成させて、味がのった段階でのリリースとなります。

昨年より味がのっているイメージです。しっかりとしたお酒が好きな人にはもってこいの良い生熟成をしています。甘みを感じる香りとして熟したリンゴやバナナ、ラ・フランス、爽やかな香りの印象としてメロンや青草のような香りを感じます。

口当たりやわらかく、ふくよかな中味が印象的。そのまま余韻も長いと思いきや、心地よい渋みと共にシャープに消えていく、良い意味で期待を裏切られる味わいです。脂ののった刺し身、ホタルイカの酢味噌、ユッケなど、火を通さない素材味の濃い料理との相性はバツグンです!

ラベルは佐賀県に在住の書家「山口芳水」さんの作品「Check チェック」です。 いろんな方にこのお酒の良さを知ってもらいたい、たくさんあるお酒の中から一度はこのお酒をチェックしてもらいたいという思いから生まれました。またボトルの裏側をのぞき込みますと、お酒越しにスペックが書いてある仕様になっております。

◆ストーリー
香川県の地酒「悦凱陣・よろこびがいじん」は熱烈なファンが多い事でも知られている地酒なのですが、その「悦凱陣」で杜氏を務めた西垣信道さん。そしてその息子の西垣昌弘さんは 21歳のとき蔵人として酒づくりをはじめ、24歳で父親が杜氏を務める香川の丸尾本店(悦凱陣)へ入蔵。父から酒づくりの精神と技術を授かり、二人三脚で酒づくりに取り組んできました。

平成10年10月、縁あって西垣親子は広島にある亀齢酒造(きれいしゅぞう)の酒づくりを任されます。酒づくりの姿勢は昌弘さんに受け継がれ3年後に信道杜氏が引退。 その後は昌弘さんが杜氏として酒造りに取り組んでいます。 普段は温厚な昌弘さんですが、酒造りに妥協はなし。その姿は鬼気迫るものがあります。




商品仕様

原料米 千本錦
精米歩合 60%
日本酒度 +2
酸 度 1.9
Alc. 17〜18度
酵 母 自社酵母
酒造年度(BY) 令和1BY(2019BY)

Facebookコメント