クリストフ・ルフェーヴル シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン・ブリュット キュヴェ・アレクサンドリーヌ 2011 白泡 750ml [287]

クリストフ・ルフェーヴル シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン・ブリュット キュヴェ・アレクサンドリーヌ 2011 白泡 750ml [287]

販売価格: 6,500円(税別)

(税込価格: 7,150円)

クール便(冷蔵): 300円がかかります

在庫なし
 無名、されど味は超本物!ガタイのよい男の手作業が生み出す極上の手作りシャンパーニュ!
 クリストフ・ルフェーヴルは無名ながら極上のビオシャンパンを作り出す生産者。有名ワイン雑誌で有名シャンパンメーカーを抑えて一位に選出されるなど、味は本物でありながら、無名ゆえの圧倒的なコストパフォーマンスで大人気です。


◆インポーターより
リンゴ、グレープフルーツ、レモン、麦藁、カシューナッツ、ブリオッシュの香り。
ワインはスレンダーでシャープな酸に締まりがあり、塩気のある上品なエキスと柑橘系の苦みにも似た滋味深くキレのあるミネラルを繊細な泡が包み込む!

 今回のアレクサンドリーヌは、まさに「クリスタル」という言葉がふさわしいくらい上品な味わいに仕上がっている!
2011年は気候的に2015年と似て春夏と暑く乾燥していたが、収穫直前に雨が降り、一部ブドウの破裂や灰色カビ病が見られたため厳格な選果が必要だった。だが、ブドウ自体のポテンシャルは高く、また、夏の猛暑により途中ブドウの成熟にブレーキがかかったことで、ブドウに酸がしっかりと残った。

 出来上がったワインは、泡立ちが細かくシャープで透明感があり、刀のようなキレのあるフィネスが最高!バランスがとても良く上品な旨味が詰まっていて、そこに被さるように舌をくすぐるチョーキーなミネラルはコート・デ・ブランのグラン・クリュに勝るとも劣らない!エーヌ県で、しかもノンドゼでこれだけのブラン・ド・ブランをつくれるのはおそらくクリストフくらいしかいないだろう!


◆生産者情報
 シャンパーニュの地⽅で、⾃然にこだわったいわゆるビオ農法を実践している⽣産者はたったの⼗数名しかいないといわれている。クリストフもビオを選んだ⼈間のひとりだ。
1986 年に⾃らの畑を⼿に⼊れたときから、除草剤、農薬散布を使⽤していない。⼟を耕すことを基本とし、トラクターでは耕すことのできないブドウの樹と樹の間は鍬を使うなど、あくまでも泥臭く体⼒のいる昔ながらのやり⽅に徹する。そして、来年はさらにトラクターのかわりに⾺で作業をすることを考えている。

 クリストフにとってビオ農法とは特別なことではなく、むしろ、「味のあるブドウを作るに必然的なこと」と当たり前に考えているようだ。彼にとって良いシャンパーニュとは、ブドウの質で決まるのであって、ブドウに味がなければ良いシャンパンはできない︕とそう考えている。
 「ビオロジックはみんなが思っているほどそんなに難しいことではない。事実、多くのシャンパンメーカーがビオは難しいと⼝を揃えるが、問題は難しさではなく、作業の⼿間ひまにある。畑に⼿間と時間をかけば、誰でもビオの美味しいブドウができる。それが、残念ながらシャンパーニュ空前の好景気のおかげで、農薬たっぷりのどうしようもないブドウを作ってシャンパンにしても、⾼い値段で売れてしまうから、みんな⼿間をかけてまで努⼒したいと思わなくなっている。リスクを負うよりも、楽に⾦儲けできることに越したことはないからね」と現状を⽪⾁りつつ、シャンパーニュの将来に⼤いなる危機感を感じながら語ってくれた。

 彼は品質向上のため、⾃主的に毎年 AOC の規定を⼤幅に下回る収量調整を⾏っている。当初から剪定⽅法をグランクリュクラスと同じコルドンシャブリにしたのもそのためだ。

 ごつい男がこだわる⾄極のRMビオシャンパン︕ 質にこだわるクリストフがこれからますます楽しみだ︕

商品仕様

使用酵母 自然酵母
アルコール分 12%
飲み方 供出温度:8℃
ワインのタイプ 白泡、シャープドライ系
使用ぶどう品種 シャルドネ100%、手摘み、樹齢59年
栽培/認証 2007年エコセール取得
テロワール 砂混じりの石灰質
発酵、熟成 自然酵母で10日間 ステンレスタンクで10ヶ月半 (シュール・リー)、ブレンドなし (100%2011年のワイン) 瓶内発酵で7年、デゴルジュマン2019年8月
SO2 SO2は収穫時と瓶詰め前に合計20mg/L添加
マリアージュ アワビのマリネ、 シャウルスチーズ、ヒラメのポワレ レモンバターソース
生産地域 フランス、シャンパーニュ地方
インポーター ヴァンクゥール

Facebookコメント