ピエール=オリヴィエ・ボノーム ヴェルシュニー 2019 赤 750ml [4754]

ピエール=オリヴィエ・ボノーム ヴェルシュニー 2019 赤 750ml [4754]

販売価格: 2,850円(税別)

(税込価格: 3,135円)

クール便(冷蔵): 300円がかかります

在庫なし
自然派の名手ティエリが認めた後継者にして、若きロワールのスター「ボノーム」。
ナチュールらしい自然な凝縮感、若干のガス感、薄旨系のバランス感覚に優れた生産者です。

そんなボノームのコスパが高く、ダークな印象の自然派ピノ。


◆インポーターより
ブルーベリー、グロゼイユ、シャクヤク、クコの実、甘草、アーモンドペースト、昆布の香り。

ワインはスマートかつ果実味に上品なコクがあり、チャーミングで強かな酸と滋味豊かなミネラル、タンニンの収斂味が複雑なハーモニーを形成する!


今回はピノノワール100%で仕込んでいる。ボノームのピノの畑はシュヴェルニー地区にあるで、実際は ACシュヴェルニーだが、法律上ガメイがアッサンブラージュされていないと AOC を名乗れないため、皮肉にも今回も VdF のまま。

2019 年は、2018 年がミルデューの被害により収が少なかった反動もあってか、猛暑と日照りだったにもかかわらず 35hl/ha とそれなりの収量に恵まれた。

ボノーム曰く、今回のヴェルシュニーは味わい複雑で、粘土質から来るコクと凝縮味、そして砂地の土壌から来る果実のエレガントさなどテロワールの特徴が良く反映されたワインに仕上がっているとのこと!  濃厚な赤ワインソースを使った肉料理、もしくはジビエと合わせてみたいワインだ!


◆生産者情報
 ティエリ・ピュズラといえば、日本でもフランスでも名うての作り手としてすでに名が知られているスーパーヴィニョロン。そのティエリが本気で男惚れした逸材、待ち望んだ後継者…それがピエール=オリヴィエ・ボノームなのだ︕

 私がボノームと初めて出会ったのは、2007年にティエリの収穫に約1週間参加した時だった。彼は当時すでにネゴシアンの未来の共同経営者として働いていたのだが、その⾝分を⼀切隠して、「ティエリのところの⼀番下っ端の研修⽣です」と⾃⼰紹介されたのを憶えている。

私⾃⾝も⼀緒に働いていて「こいつは若いのにものすごく仕事ができるな︕」と常に感⼼していて、彼が将来的にどこでワインをつくるのか⾮常に気になっていた。彼がティエリの代わりにオーナーに落ち着いたのは、我々にとって願ってもない喜びなのだが、もし仮にそうでなくても、彼ほどの能⼒があれば、おそらくどこへ⾏っても成功しただろう。

 次世代のトゥーレーヌを担う若⼿ヴィニョロンとして、またヴァン・ナチュールを牽引する担い⼿として、ボノームが最重要⼈物になる⽇もそう遠くはないはずだ︕

商品仕様

使用酵母 自然酵母
アルコール分 12.5%
ワインのタイプ 赤、ジューシー果実味系
使用ぶどう品種 ピノノワール 42年平均
栽培/認証 ビオロジック
テロワール 砂地の混じった粘土質
発酵、熟成 スミマセラシオンカルボニック 木桶タンクで14日間 、自然酵母で2ヶ月発酵、400 Lの古樽6ヶ月熟成
SO2 瓶詰め前のスーティラージュ時に10 mg/L添加 ノンフィルター
マリアージュ 鶏肉のバロティーヌ、 兎のレバーソテーバルサミコソース、鴨のコンフィ
生産地域 フランス、ロワール地方
インポーター ヴァンクゥール
飲み方 供出温度:15℃

Facebookコメント