三輪そうめん 5束(250g) [4144]

三輪そうめん 5束(250g) [4144]

販売価格: 600円(税別)

(税込: 648円)

この商品は軽減税率の対象です。

在庫あり
みむろ杉(今西酒造)の今西社長 推奨の「三輪そうめん」

今西社長が語るこの三輪素麺の特徴

 三輪素麺とは、奈良県桜井市三輪の地域で製造すれば名乗れる地域ブランドですが、お酒同様に作り手で大きく味わいが異なります。三輪には多数の家族経営の小規模生産者が存在するなか、この素麺は、数多の三輪素麺を食べている僕自身が一番美味しい!と断言できる素麺です。

ポイントは・・・

・みむろ杉と同じ仕込み水で作る。
・当蔵横にある製麺所で今西酒造の先代の同級生が作る。
・ご夫婦が全行程手作りにこだわった手延べ素麺。
・通常流通しない素麺を特別に分けて頂いた逸品。
・今西が生れてから一番食べている素麺。(夏は週5日)


[素麺]
当蔵のある奈良県三輪は、素麺発祥の地です。約1200年前、三輪の土地と三輪山から流れ出る清流が、最も小麦の栽培に適するのを知って種を蒔き、小麦粉を原料に「素麺」を製造したのが起源とされています。それが揖保乃糸(兵庫)⇒小豆島素麺(香川)⇒島原素麺(長崎)と伝わり日本を代表する伝統食となりました。


当店のある田原本町は、今西酒造のある桜井市と隣接していますので、私(あべたやの親父)も子供の時から素麺と言えば「三輪素麺」でした。私が子供の時からずっと食べていた三輪素麺は、古物(ひねもの)と言われる製造から2年以上熟成させた素麺でした。新物とは違う、コシの強さの中に、もっちとした食感や旨味があり、時間が経ってもふやけないとても美味しい素麺でしたが、その生産者は、後継者不在という理由で、3年前に廃業されました。

あの素麺と同じ味わいの三輪素麺を探していた時に、今西社長からこの素麺のご案内を頂きました。食してみると「そうそうこの感触」という久しぶりの美味しさが蘇りました。私が食べてきた三輪素麺と全く同じとは言えませんが、かなり美味しい素麺であることは間違いありません。ぜひお試し下さい。

商品仕様

原材料 小麦粉、食塩、食用植物油
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存
賞味期限 2024年7月
製造者 島岡製麺所:奈良県桜井市三輪
販売者 今西酒造(株)

Facebookコメント