風の森 露葉風507 奈良酒 生酒 720ml [701]

風の森 露葉風507 奈良酒 生酒 720ml [701]

販売価格: 1,600円(税別)

(税込: 1,760円)

クール便(冷蔵): 300円(税込:330円) がかかります。

在庫なし
☆☆最初にお願いです☆☆
必ず良く冷やしてから開栓下さい!
温度の高い状態だと外側のキャップをはずした途端に、中の栓が飛ぶことがあります。実際に飛んだ事例があります。

◎試飲しました(2022.10.18 味わいの定点観測)
澄んだキレイな色合い。香りはほのかに甘く、洋ナシやカリンを思わせます。含むとプチプチしたきめ細かいガス感とソフトな甘味と品のある酸味が融合し、瑞々しく口中に広がります、ほど良いボディ感も持ち合わせ、スムーズに喉に流れ落ちます。そして後口にもまろやかな旨味の余韻を残します。

精米歩合は50%と純米大吟醸のスペックなので、サラリとした透明感のある味わいも感じるのですが、実際には複雑でふくらみのある味わいに仕上がっています。これは原料米の露葉風の特長と思われます。奈良県内のみで生産される酒米の表情豊かな味わいをお楽しみ下さい。

◎蔵元より
風の森奈良県産露葉風を50%まで精米した酒造りにチャレンジいたしました。※)露葉風は奈良県でしか生産されていない酒造好適米です。現在、奈良県酒造組合と、JA奈良が連携して品質の向上に努めています。
(※)露葉風=白露×早生双葉 昭和38年に交配して育成された品種

従来から風の森では70%精米の露葉風を醸造してまいりました。特殊な心白の特性上、高精米には向かないのではないかという判断から70%精米の純米酒のみを生産しておりました。しかし、近年、露葉風の品質は生産農家の方々のご努力もあり、年々向上しており、高精米にも十分対応できる酒造好適米となってまいりました。露葉風独特の複雑味を併せ持つ酒質は、風の森シリーズの中でも個性的で、この純米大吟醸スペックの製造はいつかやってみたいと考えていました。他の風の森のラインナップと同様に、7号系酵母を使用し、超低温長期醪で発酵を進める事により露葉風の個性を引き出しています。透明感ある綺麗な味わいと露葉風独特の複雑味を同時に感じる事ができる酒質となりました。

油長酒造公式映像 youtube

商品仕様

原料米 奈良県産露葉風
精米歩合 50%
使用酵母 K-7系
アルコール分 17度

他の写真

Facebookコメント