風の森 愛山807 奈良酒 生酒 720ml [3769]

風の森 愛山807 奈良酒 生酒 720ml [3769]

販売価格: 1,400円(税別)

(税込: 1,540円)

クール便(冷蔵): 300円(税込:330円) がかかります。

在庫あり
数量:
◆蔵元より
兵庫県加東市特A地区で栽培された 特等「愛山」を使用。そのお米の持つ特性を理解する為にも80%精米でお酒造りを行いました。他の風の森のラインナップと同じく、7号系酵母を使用し、超低温長期醪で発酵を進める事により愛山の個性を引き出しました。マスカットを思わせる軽快な香り。80%精米ならではの、立体感ある味わい。キラキラとした透明感を感じていただける酒質になりました。

◎試飲しました
フレッシュな香りとほんのり甘い香り、グラスに注ぐとグラスには無数の気泡が付く。含むと最初に上品な甘味、そしてミネラル感と全体を引き締めるクリアーな酸味を感じます。旨味はしっかりありますが、重くなく滑らかに喉を通ります。

精米歩合80%という低精米ながら低精米と思えない透明感ときれいさを持ち、風の森らしいシュワシュワ感と踊るような酸味も楽しめます。希少な米「愛山」を使った数量限定のお酒です。ピチピチの開栓時も良いが、ガス感が抜けてからの方が、愛山らしい優しい甘みがより感じられ心地良いです。

☆蔵元より<2020年2月>
お酒の優劣を消費者に意識させる大吟醸、吟醸という言葉を用いず、本当に自分好みのお酒を味覚から探していただけるようにします。お米を磨くことによってのみお酒の価値を高める不自然な考えではなく、磨かないお米によって醸されたお酒にも、唯一無二の技術を用い、その複雑味ある豊かな味わいで高付加価値を見出せるよう舵を切ってまいります。
風の森は全てのお酒が無濾過無加水生酒/長期低温発酵のプロセスで醸造され、磨きにかかわらず、豊かな香りと立体感ある味わいをお楽しみ頂けます。

奈良酒(ならざけ)とは 500年前、大寺院が現代の清酒造りの礎とも言える技術革新を確立した場所。奈良。 この地は時に伝統格式を重んじ、物事の文化的側面を支え、またその一方でその伝統を改変し、新たな伝統を作り上げるということにも長けた一面を備えた場所。室町時代、この地の先進流派により醸された酒は奈良酒(ならざけ)と呼ばれ珍重されました。

油長酒造公式映像 youtube


商品仕様

原料米 愛山
精米歩合 80%
使用酵母 協会701酵母
酒造年度(BY) 令和2BY(2020BY)
保存方法 要冷蔵

Facebookコメント