鏡山|小江戸鏡山酒造[埼玉県]

明治8年(1875 年)に新富町で創業した鏡山酒造株式会社は川越の地酒で多くの人々に愛飲されてきました。しかし惜しまれつつ平成12年9月をもって長い歴史の幕を閉じました。川越は別名「蔵の街」と言われております。その「蔵の街」に「酒蔵」という重要な施設が無くなってしまったのです。

それから6年後の2007年2月に再興を望む行政や市民の熱い声を背景とし、関係者の御理解と御協力のもと、新たに小江戸鏡山酒造株式会社を設立。

酒蔵は2007年2月1日に完成をし、待望の酒造りを始めました。蔵人たちは寝る事も惜しまず我が子を育てるように24時間常に酒の熟成を徹底的に管理をし続けております。小江戸鏡山酒造株式会社は、歴史ある銘酒「鏡山」の伝統を受け継ぐと共に、時代の流れにあった味を追求する温故知新の精神で醸しています。鏡山の歴史と伝統は私たちに受け継がれ、作り手・良質な酒米・酵母・そして酒を愛するスピリットが脈々と今も受け継がれています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4