ピエール=オリヴィエ・ボノーム 蔵 ブラン 2019 750ml [1319]

ピエール=オリヴィエ・ボノーム 蔵 ブラン 2019 750ml [1319]

販売価格: 2,100円(税別)

(税込価格: 2,310円)

クール便(冷蔵): 300円がかかります

在庫なし
日本酒の酒蔵に感銘をうけて造られた「蔵」。新酒のフレッシュ感が楽しめる!

「蔵」はドメーヌの新ビンテージをいち早く味わえる新酒。新酒ならではの若さと勢いが楽しめるというだけでなく、その年の出来栄えを最初に占うワインです。

ここで名前の由来を…。十年ほど前、現オーナーであるボノームの師匠、ティエリ・ピュズラが来日の際、日本酒の蔵元をいくつか見学したところ、非常に感銘を受けたティエリは帰国する前に記念として自身の腕に蔵という漢字をデフォルメしたタトゥーを入れたそう。
帰国後、日本酒のしぼりたてへのリスペクトを込めて、自らのタトゥーをエチケットにした「蔵」を造ったのだそうです。
その後ボノームが後を継いでからも、「蔵」のコンセプトはそのままに毎年リリースされています。


◆試飲しました(2020.7.14)
外観はわずかに褐色がかったレモンイエロー。香りはボリュームがあり、黄色く熟したリンゴと海の匂いの様なミネラルを感じます。ワインもボリュームがあってジューシー!リンゴの果実味にほのかなハーブ。磯っぽさを感じるフレッシュなミネラル感が特徴的で、完熟したこのビンテージを重すぎないように仕上げています。リッチなのにスイスイいけちゃいます!


◆インポーターより
2019年は太陽に恵まれた年。ボノーム曰く、収穫したブドウは、夏の猛暑の影響で水分が蒸発し果汁が凝縮していたが、一方で日照りにより成長にブレーキがかかったことでしっかりと酸が残ったとのこと。
前年同様に、フレッシュさを生かすため 100%タンクで仕込んでいる。また、発酵が途中で止まり残糖が7g/L残っているので、再発酵防止のため瓶詰前のスーティラージュ時にSO2を20mg/L添加し、さらに目の細かいフィルターをかけている。

出来上がったワインは、アルコール度数が14%もありボリューム豊かだが、同時に酸もしっかりとあり、味わいが全くボケない!また、最後まで発酵しきれずに残った糖も、アルコールのボリュームと酸を緩和するような絶妙なハーモニーを生み出している!

彼曰く、キンキンに冷やせばアペリティフ、食中であればローストチキンがおすすめ!チキンに負けないワインのボリューム感とレモンのような酸味が完ぺきなマリアージュとのこと!

商品仕様

Alc. 14%
ワインのタイプ 白、辛口
使用ぶどう品種 ソーヴィニョンブラン
栽培/認証 ビオロジック
テロワール 粘土質・石灰質
発酵、熟成 自然酵母で2ヶ月 ホーロータンク、 ファイバータンクで5ヶ月熟成
SO2 瓶詰前のスーティラージュに20mg /L添加、再発酵防止のため目の細かいフィルター使用。
マリアージュ ローストチキン アスパラのアンチョビバターソテー
生産地域 フランス、ロワール地方
インポーター ヴァンクール
飲み方 供出温度:9℃

Facebookコメント