ヴァンクゥール・ヴァンキュ・ルージュ 赤 750ml [3178]

ヴァンクゥール・ヴァンキュ・ルージュ 赤 750ml [3178]

販売価格: 2,300円(税別)

(税込: 2,530円)

クール便(冷蔵): 300円(税込:330円) がかかります。

在庫あり
数量:
自然派ワイン入門にピッタリのワインといえば…という話題で必ず名前が挙がるワイン。その一つがこのヴァンクールヴァンキュ。
抜群のコストパフォーマンスでも知られ、ヴァンクゥールが誇るロングセラーです。

 もともとは自然派ワインを代表する生産者「ティエリ・ピュズラ」がヴァンクールとの交友関係の証として長年生産してきたヴァンクール限定ワイン。現在はティエリが見込んだ後継者ボノール氏に引き継がれています。生産者が代わってもその素晴らしいクオリティは健在。

※現在販売中のビンテージは2021です。


◆試飲コメント
 赤いバラやスミレなどの花の高貴な香りに微かに生肉のような野性味あふれる香りが重なる。ワインはフレッシュでみずみずしい果実味に塩気のあるコクがあり、小梅のようなキュートな酸と若いタンニンがアフターを引き締める!


◆ビンテージ情報
 2021年は、白同様に遅霜とミルデューの被害で収量が激減した厳しい年。また日照量が少なくブドウが熟して自然と落ちるギリギリまで待ってから収穫したにもかかわらず、ガメイの潜在アルコール度数は 11.5%、カベルネに至っては 10.5%までしか上がらなかった。ガメイとカベルネだけだとワインが酸度が高かったので、味わいのバランスを整えるために今回 30%ほど南のブドウをアッサンブラージュしている。
 出来上がったワインは、生き生きとした酸を感じる、久々にトゥーレーヌらしいフレッシュな味わいに仕上がっている!アルコール度数は 11.5%とライトだが、ブドウが完熟するギリギリまで収穫を待ったこともあり、実際の味わいはタイトで、みずみずしい果実味の中にしっかりとしたコクと旨味を感じる!
 今回はルーションのシラーとグルナッシュが 30%アッサンブラージュされているが、ボノーム曰く、ブドウの価格的はルーションのブドウの方がトゥーレーヌよりも圧倒的に高かったそうだ。ヴァンクゥール赤のボリュームを考えると 30%分というのはかなりの量で、結果的にボノームにとっては採算の合わないアッサンブラージュだったが、「自分がお客だったらこういうワインが飲みたい」という消費者の立場に立って、今回のアッサンブラージュに至ったとのこと!


◆インポーターさんより
 ティエリ・ピュズラといえば、日本でもフランスでも名うての作り手としてすでに名が知られているスーパーヴィニョロン。そのティエリが本気で男惚れした逸材、待ち望んだ後継者…それがピエール=オリヴィエ・ボノームなのだ︕

 私がボノームと初めて出会ったのは、2007年にティエリの収穫に約1週間参加した時だった。彼は当時すでにネゴシアンの未来の共同経営者として働いていたのだが、その⾝分を⼀切隠して、「ティエリのところの⼀番下っ端の研修⽣です」と⾃⼰紹介されたのを憶えている。私⾃⾝も⼀緒に働いていて「こいつは若いのにものすごく仕事ができるな︕」と常に感⼼していて、彼が将来的にどこでワインをつくるのか⾮常に気になっていた。彼がティエリの代わりにオーナーに落ち着いたのは、我々にとって願ってもない喜びなのだが、もし仮にそうでなくても、彼ほどの能⼒があれば、おそらくどこへ⾏っても成功しただろう。

 次世代のトゥーレーヌを担う若⼿ヴィニョロンとして、またヴァン・ナチュールを牽引する担い⼿として、ボノームが最重要⼈物になる⽇もそう遠くはないはずだ︕





商品仕様

アルコール分 11.5%
ワインのタイプ 赤、フレッシュジューシー系
使用ぶどう品種 ガメイ50%、カベルネフラン20%、 シラー15%、グルナッシュ15%
栽培/認証 ビオロジック
SO2 アッサンブラージュ時に1mg/L
マリアージュ ウサギのテリーヌやキジのガランティーヌなどの前菜料理
生産地域 フランス、ロワール地方
インポーター ヴァンクゥール

Facebookコメント